2013年09月11日

ロックタイト フリーズ&リリース

IMG_20130911_162512.jpg
先週から ロックタイトから出ているフリーズ&リリース
沢山買ってもらっていますが、 自分自身で今日使ってみました
錆びているエキゾーストのボルト
IMG_20130911_161830.jpg

ボルトがぬれていますが ナット側に拭いたものが伝わってきています。
5〜10秒 10cmくらい離したところからスプレイ(良くふってから)
少し放置した後回したのですが

IMG_20130911_162051.jpg

ねじ山に潤滑剤が2mmくらいしか着いていません?
商品の名前がフリーズなので冷たいうちに回したくなりますが
どうも違うようです

IMG_20130911_162417.jpg

それでマフラーのボルトやってみました今度は、
時間を計りました 5秒 くらいボルトにスプレイ
2分放置 それで緩めるとかなりかんかんに ナットが回ったような?
IMG_20130911_162501.jpg

ナットの中にも潤滑剤が入っています。 2分放置しているので
そんなには冷たく在りません    っで結論は、 冷やして収縮させて
回すのでは、なく 収縮した時に潤滑剤をしんとうさせて摩擦係数を下げる
それで簡単に回す!って事らしいだから 説明書どおり使ってください
教養でじゃましないで下さい  何回か繰り返す意味は、 潤滑剤を沢山
しみこませるための 作業です。

それと アルミにスタッドボルトが入っていて抜く時は、駄目みたいです。
アルミの方が熱の伝達効率が良いので かえって抜けなくなるかも?
スタットボルトにナットがついてナットを取るがメインのようです。

もしちょっと違う!って 思う方は、説明追加してください。
posted by ヒゲ at 19:36| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374541464

この記事へのトラックバック