2014年11月30日

出展予定中止 グラマン修理

昨日夜出展の予定で荷物を積み込もうとしたら リヤゲートの油圧が
掛からず!ゲートが開きません!一人でどうにもならないので
あきらめて 今日修理する事に
DSCF2086[1].JPG

ダンボールを引いて準備ばんたん?
OILもこのとうり用意して
DSCF2090[1].JPG

アンダーガード外して
DSCF2095[1].JPG

入れ始めたら 100cc入れるのに 10分以上
DSCF2091[1].JPG

穴がちいさすぎる! 時間が掛かりすぎるので
外すことに コレが凄く大変
DSCF2089[1].JPG DSCF2088[1].JPG

DSCF2093[1].JPG

お客さん が写真を ! 
この形で 頭 顔 に砂や油 やるんじゃなかった!
DSCF2094[1].JPG

OIL切れです! アメリカ人は、ナゼOIL入れること
考えてないのでしょうか?

前にモーターを修理した時 外したので何とかハズレましたが
このポンプとタンク ボルト外しただけでは外れません
ステーが溶接されていて 切断しないと外れないのです
こんな事が 日本の車ではありえません!
グラマン乗っている人皆さんどうしているのか 聞きたいものです。

この後 残っている棚卸し再開
DSCF2096[1].JPG

いつ終わるのか 中に入っていた荷物がなぜか棚卸しをしたら入りきらず
通路にどっさり お客さが入れません1 早く何とかしないと。
posted by ヒゲ at 17:31| 山梨 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マックのオイラー フレキのやつで入れてる。
Posted by くどう at 2014年12月04日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック